医歯薬学部受験・個別指導ベルグ HOME 合格までの流れ CASE 1 CASE 2 CASE 3 お問合わせ 合格者の声
過去のべ600人以上を医学部・歯学部に合格させてきた実績を持つ各科講師が結集。 Berg
合格者の声
教え子たちからの声です。抜粋したものを一部ご紹介します。
樋脇和也さん(ラ・サール高校卒)
岩手医科大学、聖マリアンナ医科大学、東海大学、藤田保健衛生大学 他 合格
生活スタイルを改善して合格!!
 私は、高校の時から部活と遊びに明け暮れ全く勉強をしておらず、 高校を卒業して予備校に入ってからも全く予備校には行かず、毎日ダラダラと過ごしていました。 自分の中ではそろそろどうにかしないといけないなという思いはあったのですが、なかなかその思いを行動に移せずにいました。

そんな時に、友人からベルグを勧められ、ベルグに入塾しました。 入塾当初の私のレベルは、センター模試ですら数学以外は全く分からず、 ほぼ勘で解いて半分も取れないというひどいレベルでしたが、こんな私にも分かるように一から丁 寧にどの科目の先生方も教えてくださいました。

ベルグは一対一の個別指導なので、個々 のレベル、スピードに合わせて授業が進んでいくので、知識が効率よく身に付きます。 また、英語の山本先生や化学の高野先生には、勉強以外の生活面でも大変お世話になり、 とても感謝しています。私はベルグに入っていなかったら、多分まだ医学部に合格できてい ないと思うので、ベルグに入って本当に良かったと思います。

各科目の先生方、本当に ありがとうございました。
小松崎友樹夫さん(成蹊高校卒)
東海大学、聖マリアンナ医科大学、岩手医科大学、
愛知医科大学、川崎医科大学 他 合格
プロの先生との二人三脚で勝ち取った栄冠
僕の高3のときの偏差値は全科目30台〜40台でした。模試の英語の校内順位はビリでした。当時は大手予備校に通っていましたが、基礎がわかっていなかったので集団の授業に全くついていけませんでした。そこで高校の友達に誘われてベルグに通い始めました。ベルグの授業は、大手予備校で医学部コースを教えているようなプロの先生方に1対1の個別指導をしていただく形です。なので、基礎が全くわかっていなかった僕のような人でもその人に合わせたレベルからしっかり一から教えていただくことができます。

僕は化学の授業から始めましたが、学校の成績が10段階評価で3〜4だったのがすぐに8〜9に上がりました。しかし、現役のときは9月くらいから始めた科目もあり、全範囲を学習するのが間に合わず入試は全滅でした。そしてベルグで一年間浪人しました。ベルグには自分専用の机があり、そこを自習スペースとして使用することができるので、授業が終わっても自習することができます。そして、いつでも先生に質問することができます。

結局僕は最後の模試もほとんどE判定で1つだけD判定でしたが、先生方に励まされ、直前まで頑張った結果9校1次合格し、そのうち2校正規合格することができました。多少の運があったのかもしれませんが、偏差値30台だった僕が一浪で医学部に合格できたのはベルグの先生方のおかげです。一年間本当にありがとうございました。
高橋 有佳里さん(恵泉女学園高校卒)
金沢医科大学合格
偏差値40台からの合格
 私は中学・高校と6年間部活に明け暮れ、偏差値も全体で50もありませんでした。そんな私が一浪で医学部に合格できたのは本当に奇跡で、ベルグの先生方のご指導のおかげです。

現役の時は大手予備校に通い、塾の自習室はいつも満席だったので家で勉強していました。しかし自分に甘かったため、大人数の授業形式についていけず家での勉強も集中できず、医学部はおろか薬学部も不合格でした。私がベルグを選んだ理由は個別指導であることと、自分だけの机があることです。個別指導なので、苦手な分野をしっかり時間をかけて学び、得意なところは確認だけして次に進む、というように自分に合ったペースで勉強できるので確実に身につきました。授業の中でも先生が前にやったことを何度も確認してくださるので、忘れてもそこでもう一度復習できました。

また先生方は勉強だけでなく授業とは関係ない話の相手もしてくださり、私はこの時間がいい息抜きとなり、とてもよかったと思っています。特に生物の伊藤先生は勉強以外のことでも親身に相談にのってくださいました。化学の高野先生は落ち込んでいる時によく声をかけてくれたので、浪人中の不安をほとんど感じないで勉強に打ち込めました。塾長の山本先生は私の担当でないにも関わらず、長文の解説や英作文の添削などをやってくださり、忙しい中でも空いている時間を探して教えてくださいました。

受験生のみなさん、私が浪人中に感じたことは基礎がしっかりしていなければ難しい問題が解けても意味がないということです。医学部なので難しい問題はありますが、そこを解くことよりもみんなが間違わない基礎問題を確実にとる方が合格に近づくと思います。化学は毎日1枚暗記プリントをやり、生物は基礎問題を何度も解きました。その結果、この2科目は私の得意科目といえるまでになりました。ほかの科目でもそうですが、ベルグの先生に言われたことを信じてやれば偏差値は必ず伸びると思います。

最後に、結局私は医学部の判定はE判定ばかりでDは一度くらいしかでませんでした。けれど、そんな私でも合格できたのは最後まで見放さず親身に指導してくれたベルグの先生方のおかげです。本当にありがとうございました。
竹尾 彰浩さん(鹿児島県池田高校卒)
杏林大学・東京医科大学・東海大学・福岡大学合格
大病を乗り越えて獲得した栄冠
 私が医学部受験で一番苦労したのは毎日の継続的な勉強と生活作りです。また、四年前に白血病という大病を患い、体調もイマイチ、体力も落ちていたので、一般的な大人数での授業を毎日、長時間受講するのは困難でした。その点Bergでは、自分のペースで授業が受けられるので自分にあった時間割が組め、授業内容も個人のレベルに応じて最適なものを受講出来ました。

また、怠け者の私でも先生方が励まして下さり、体調に応じて最後まで継続して頑張ることが出来ました。こんな私でも医学部に合格出来たのはBergでの指導のおかげです!!
中山 健太さん(立命館慶祥高校卒)
東邦大学医学部・東海大学医学部・
愛知医科大学医学部・藤田保健衛生大学医学部合格
奇跡の合格です!
 僕は医学部を目指して3年間浪人した後、残念ながら違う学部に入学しました。1年間その学部に通った後、やはり医学部への情熱を捨てきれず再受験のため大学を休学し、9月からベルグでお世話になりました。1年間のブランクと、大学で身についてしまった不規則な生活にも関わらず、半年間で合格できたのはまさに奇跡です。

ベルグでは本当に勉強に集中できました。授業はとても丁寧で、親身に指導していただきました。与えられる課題も少な過ぎず多過ぎずで、かつ復習もしっかりできてとても助かりました。 ぼくの人生をしっかり方向付けてくれたベルグの先生方には本当に感謝しています。ありがとうございました。
宝田 力さん(都立八潮高校卒)
東京薬科大学・帝京大学薬学部合格
勉強以外の「教え」
僕は現役、一浪時の経験をふまえて「授業以外でも質問しやすい環境であるか?」ということを重視して塾を探していました。
ベルグの先生方は授業以外の質問にも嫌な顔一つせず聞いてくれます。

化学の高野先生には毎日のように質問していましたし、数学の甲斐先生には本番の入試問題で分からなかった問題を当日に持っていって質問にいきました。

また、英語の山本先生には勉強以外のことも教えていただきました。 気持ちが弱かった僕は、問題をみると「あー分からない…」とすぐに諦めてしまう悪いクセがありました。

そんな僕に「最後まで粘る事が大切だ!!」と言ってくれました。
そのおかげで入試本番では英語に限らず数学・化学でも最後のギリギリまで粘り続け、計算ミス・書き間違いを最小限にすることができました。

あの言葉がなければ僕は大学に合格していなかったと思います。 ベルグの先生方は勉強以外の話でも真剣に聞いてくれます。
僕はベルグを選んで本当によかったと思います。 一年間お世話になりました。
岡田 大輔さん(東海大学附属高輪台高校卒)
杏林大学医学部合格
先生方は合格請負人です!
 僕の合格に尽力してくださったのは山本先生と河崎先生でした。

まず英語ですが、僕はどちらかというと飽きっぽい性格の人間でしたので参考書や問題集はたくさん持っていましたが、どれも手つかず終いでした。そこで、それらはほとんどやらず、ほぼ毎日山本先生に課題を出してもらっては添削・解説してもらうということを受験直前まで繰り返しました。これが僕の最大の英語の勉強法でした。このことで合格に必要な英語知識を無駄なく吸収することができました。

河崎先生には生物でお世話になりました。正直な話、河崎先生が私に出す課題は「誰がこんな難しい問題解けるんだ?」と思うほどのものが多かったのですが、でもその中には受験生物に必要なエッセンスが凝縮されていたと思います。しばしば「基礎問題=簡単な問題」と解釈する人がいますが、それは違います。基礎とはその分野における一番重要なエッセンス群なのであります。河崎先生の出してくださった難しい問題を通して基礎の重要性や医学に近い生物という学問を学ぶ喜びを教えていただきました。もちろん、成績はうなぎ登りで生物の偏差値は最終的には70までいきました。

勉強では何のセンスもなく特に取り柄のなかった僕が医学部という難関を突破できたのはひとえにこの両先生のおかげです。どちらの先生も医学部受験において他の追随を許さない経験と知識を持っていらっしゃると思います。いわば、医学部受験合格請負人です。

この2人の先生の門を叩けば皆さんの医師への道はグッと近づくはずです。近い将来、みなさんと医療の現場でお会いできるのを楽しみにしています。
M.Kさん(長崎日大高校卒)
東邦大学医学部合格
 
先生方を信じてやれば必ず受かる!
 山本先生にはひたすら怒られました。「その日は理解するのに翌週には忘れている」の繰り返しだったからです。怒られないようにと思って勉強していたら、自然に予習→授業→復習のパターンが身についた。勉強が嫌いな自分が「怒られる」という愛情を受けながら、文法を何百回も解いて長文もたくさん読んだら、自然と答えが出てくるようになった。でも本当は優しい先生で、ほめられた時はすごく嬉しくて、頑張ろう!という気持ちを持ち続けられました。

個別授業だったので、勉強以外のちょっとした変化にもすぐ気づいてくれて、話を聞いてくれたりアドバイスをしてもらったりすることで安心感を得られました。

河崎先生には化学の有機の範囲を教えてもらいました。受験化学でも絶対点数にしたい範囲なので、穴がないようにみっちり教えていただいたおかげで、有機に関しては何の問題もなくなりました。

最後に、「先生方がやれと言ったことを信じてやれば絶対に受かる!!」
三本 藍さん(白百合学園高校卒)
東京大学理科U類 現役合格
「合格への一番の近道」
高校3年生、春。
東京大学を志し、受験勉強スタート。
英文の意味はなんとなくわかるけど点数がとれない。
文法問題として出たらわかるのに、文章になるとわからなくなる。
化学は好き!!でもまだ有機、無機も知らない。範囲を終えられるのだろうか。

敵は東大。
英語は必須。一番難しいとされる要約が待ち受けていた。
何をすればよいかわからなかった私は、春休み単語と熟語の暗記に明け暮れた。
しかし、そう簡単に英文を読めるようにはならなかった。

好きな化学だって合格には6−7割をとらないといけない。
好きなだけでとれる点数ではないことはわかっていた。

山本先生、河崎先生が私に与えてくれたのは「長期的な計画」。
今になって振り返ってみると受験に必要なのは、よき指導者に出会うこと。
遠回りする道をがむしゃらに走ってもゴールにはたどり着かないのと同じで、全体像が見えないでひたすら勉強しても、合格にはたどりつかない。
私はちょうど一人で走り始めようとしたとき、先生方に出会い、『合格への一番の近道』を示してもらった。

毎日山本先生を訪ね、要約した文章を添削してもらう。
「すぐに結果は出ないけど、3ヶ月後には読めるようになるから。」
山本先生の言葉を信じて、先生と私の年中無休の英語添削教室が始まった。
勉強が楽しい時期もあるけど、大半は「本当に間に合うのかな?」と不安な時期ばかり。毎日先生と会う度に励まされ、その不安を払拭してもらい、『大丈夫』と信じて勉強に打ち込むことができた。受かると心から信じることは「合格への一番の近道」の大事な大事な要素。
最初は赤ペンで真っ赤になって返ってきた答案用紙も、徐々に赤の割合が減っていき、英語を読むことへの抵抗感はなくなっていた。気づかないうちに英文のレベルもアップしていて、辞書なしで英語を読むことが怖くなくなっていた。

河崎先生が私に仕込んでくれたのは、合格に必要な6割をとるための『スピード』。
時間をかけてじっくり考えれば、「普通に」勉強すれば解ける。
けれど、「合格への近道」を歩むのであれば、『スピード』を要する。

そして先生は、たった週に1回の授業で、河崎流を私に仕込み、いつの間にかほかの受験生の4倍速で問題を解けるまでに、育て上げてくれた。

私に必要な時期に、私に必要な課題を与えて、私の受験日に間に合うように先生方に立ててもらった「近道計画」を信じて先生たちと一緒にがんばった。

高校3年生、3月10日。
志してからたった10ヶ月での東大現役合格。
先生たちに出会ったからこそ手に入れた合格。
本当にありがとうございました。
萬田 悟さん(札幌月寒高校卒)
東邦大学医学部・東京医科大学・
東海大学医学部・金沢医科大学合格
そして最後の一押し
 まず、河崎先生の授業は圧巻でした。明らかに難易度が高いことをやっているのに、それを難しいと感じさせないわかりやすい説明、「とにかく書かないで考えろ」というセオリーは革新的でした。また高野先生は、化学が苦手だった僕に基本的なことを要領よく教えてくださいました。おかげで化学の偏差値は20ぐらい上がりました。ほんとに感謝しています。

そして山本先生の英語では、ひとつのことから派生していろいろなことを聞いたり書かせたりと、1コマの授業がものすごく濃かったです。また、山本先生には二次試験の面接の指導もしていただきました。この最後の一押しがなかったら医学部合格はありえなかったと思います。

3人の先生方、本当にありがとうございました。今僕は東邦大学でアメフト部に入り、浪人時代の勉強で得た自信を糧に学業との両立にがんばっています。
横田 有香さん(淑徳与野高校卒)
北里大学薬学部現役合格
化学を好きになれた
 私は大学受験を経験して、「良い先生との出会いが志望校合格への第一歩」だと強く感じました。私の場合、推薦入試で合格することを目標にしていたのですが、危機感がなく、なんとかなるだろうと安易に考えていました。

しかし、高野先生の授業を受けて私の気持ちは一新しました。先生の授業からは熱意が伝わり、生徒の理解度に気を配って授業を進めてくれるので中途半端な理解で次に進むことがありません。

また、特に定期試験の前は、先生に嫌われるのではないかと思うくらい何度も質問をしました。それでも嫌な顔一つせず対応してくださるので、どんな些細な疑問点でも質問して納得しようと思い、それが自信につながりました。

嫌いだった化学を好きになれ、推薦で合格できたのも高野先生との出会いがあったからだと思います。これから受験を迎える皆さんも出会いを大切に自分の夢に向かって頑張ってほしいと思います。
 
柳川尊洋さん(成蹊高校卒)
北里大学 合格
効率の良い勉強で、現役合格!
 私は高1の秋まで大手予備校に通っていました。授業には出ていたものの、一切自分では勉強はしていなかったので、成績は伸び悩んでいました。そこで、自分で勉強できる塾を探して、ベルグに通い始めました。ベルグでは個別指導なので、先生方がわかりやすく、自分に合わせた授業をしてくださり弱点を把握できました。また、自分専用の自習スペースがありましたので、出された課題を授業の前後の時間で毎日こなすことができ、効率よく、怠けることなく勉強できました。
先生方の親身の指導のおかげで、無事に現役で合格できました。二年間本当にありがとうございました。
藤村公一郎さん(成蹊高校卒)
日本医科大学、昭和大学、東京医科大学 合格
楽しく合格できました!
私は小学校からずっと野球ばかりしていて、勉強など全くしていませんでした。高2の冬のあるキッカケから医学部を受験することを決心しました。ですが、野球をやめるつもりは全くなかったので、“野球と勉強が両立可能かつ、完全に一から始める私がついていくことの出来る塾”を探しました。その結果ベルグを見つけ入塾しました。

まず化学から始めましたが、化学の高野先生は習ったことが実際に生活面でどのように使われているかなどの豆知識を教えてくれたので、すぐに好きな授業となりました。また、授業の合間にためになる雑談があり、部活でクタクタでも全く苦になりませんでした。

河崎先生の生物の授業では、普通なら結果だけを暗記しがちな分野でも、なぜそうなるのかを追求してくれました。そのおかげで、生物における計算問題の公式などは覚えなくても、問われていることに応じて図で解けるようになりました。また、同じカープファンということもあって、授業の始めにカープについて熱く語ったりして、楽しみながら授業を受けているうちに実力がついていきました。

吉田先生の数学の授業では、とにかく問題を解きました。説明を聞いてもわからない範囲も一度解いてみることで理解を深められました。また、ここが苦手だと先生に言うと、その範囲の問題のプリントを大量にくださいました。先生がいらっしゃる時は休み時間でも何度も質問に行きましたが、先生は嫌な顔ひとつせず質問に応じてくださいました。また、相当の量の問題を解いたことで“誰にも問題量は負けない”という自信を持って入試に挑めました。

英語は近藤先生や山本先生に大変お世話になりました。私はとにかく英語が苦手でしたが、先生方に文法を理論的に解くコツを教わりました。この授業のおかげで英語に対する苦手意識はどんどん薄れていきました。また長文を読んだ後はお互いに意見を述べたりして様々な観点から文章を見ることが出来たため、国語力もついていきました。

ベルグは、他の大手予備校と比べ小さな塾ではありますが、夜中に電話しても先生が質問に答えてくれるなど、他の予備校には無い素晴らしい点があります。受験の間は完全に家にいるよりも長く塾にいましたが、それも苦にならない第2の家のような塾でした。医学部受験のプロの先生方による個別授業は確実に希望大学に合格する近道となりました。本当に先生方ありがとうございました。
才川 博敬さん(翔洋学園高校卒)
岩手医科大学・川崎医科大学合格
医学部入試の知識がゼロでも
現役合格!
 私は高2の冬に個別指導塾を探し始めました。私の個別指導塾選びのポイントは、高校の時間割に配慮して授業を組めること、落ち着いて自習できる環境があること、そして何よりも医学部受験に精通したプロ講師が揃っていることと決めていて、それを満たす唯一の塾がベルグでした。初回の体験授業からお世話になってきた化学の高野先生の授業は圧巻でした。化学に苦手意識を持っていた自分にわかりやすく丁寧に教えてくださり、2ヶ月で偏差値が約20も上がりました。英語の山本先生は勉強面だけにとどまらず、受験に対しての姿勢、医師になる者としての自覚を教えてくださいました。長文を適当に読むクセも先生のご助言で次第に直っていき、最終的には長文でも点数が取れるようになりました。物理の甲斐先生は授業を通して、物理にちなんだ様々なお話をしてくださいました。その全てが入試の物理で実際に活かされて、合格に結び付いたと思っています。数学の吉田先生には大変な苦労をおかけしました。私は数学が致命的に苦手だったため、一度授業で扱っていただいた問題を何度も繰り返し説明していただきました。しかし、そのおかげで数学も足を引っ張らないレベルになりました。

正直に申し上げて私自身は勉強に関して何も特別なことをしていません。ベルグに入ってから勉強時間を極端に増やしたということもないのに、先生方の指示に従い復習をすることで、医学部レベルに届かないと思われた学力が大幅に上がりました。最終的には2校に合格でき、本当に先生方には感謝でいっぱいです。受験を終えてみて、いかに効率の良い環境で勉強することが大切かということを私は痛感しました。医学部に最短ルートでの合格を目指す方は、ぜひ一度ベルグに足を運んで体験授業を受けてみてください。ベルグの良さをきっとご理解いただけて、入試に向けて大きな期待を持てると私は確信しています。

ベルグの先生方、1年間本当にありがとうございました。
織田 裕美子さん(日比谷高校卒)
女子医科大学・岩手医科大学・愛知医科大学・獨協医科大学・
埼玉医科大学合格
ポイントを絞った授業で得た栄冠
 私の出身高校では、受験に成功した人たちは、ほとんど予備校に通っていました。そこで、私も級友の勧める大手予備校に通いましたが成績は全く上がりませんでした。当然、医学部は全滅でした。私の得た教訓は、私の場合
1.的外れな勉強をどんなにしても、成績は上がらない。
2.良き指導者を得られないと得点につながらない。
3.大手予備校の最大公約数的で、一方通行的な授業では合格できない。
ということです。

どこの医学部でも、各教科7割近く得点できないと正規合格は難しいです。一教科でも不得意科目や苦手分野があると、合格できないと思います。したがって、志望大学を早めに決め、合格するためにどの分野をどのくらいの時間で強化して、あと何点積み増しすれば合格できるかを、はっきり呈示できるような指導者でないと医学部合格は無理です。一浪目には大手予備校の下位クラス、基礎からやり直したものの、万人向けのカリキュラムなので、不得意なところは底上げできないままでした。具体的な例を上げると、化学の理論化学の分野は、理解はできていても得点につながらなかったのです。その原因は、
1.問題文の読解力がないため、覚えた公式を使いこなせない。
2.ひとつの公式について3パターンの解法を身につけていないと医学部には通用しない処を2パターンしかできず、残りの1パターンで問題をひねられると、ゴッソリと点を失う。このため、成績に波がある。
3.有機・無機化学は、理解もできない。暗記もいい加減でした。

私の母は薬剤師なので、理系の科目には明るくどの教科について、どんなに勉強が必要なのかは、判っている人でした。いろいろな予備校のテキストや、ノートを見せても首をヒネっていました。ところが、私が高野先生から渡されたプリントを見せると、
「ああ、これなら来年は大丈夫ね。本番で、化学は8〜9割取れるようにしておいて、物理で6割死守すれば合格が見えてくる。」と太鼓判を押されました。暗記系のプリント類は5枚ぐらいコピーして、100%できるようにやりました。理論化学は、過去問を早くからはじめて、解法パターンの定着を計りました。

 本番までには10ヶ月程度しかないので、必要最低限の努力で合格最低点を取ることが重要です。そのために欠かせないものがあります。それは、
1.プロの講師
2.オーダーメイドのカリキュラム
3.ピンポイントの学習
この3種の神器が必要です。

受験は、要領です。戦略しだいです。去年全滅だった私が全くコネなしで5校2次合格できたのはBergのおかげです。
Bergの先生方、本当にありがとうございました。
鮫島 甲さん(鹿児島県池田高校卒)
昭和大学医学部・金沢医科大学医学部
聖マリアンナ医科大学医学部合格
本当に身になる授業でした
 1浪目は、別の予備校に通っていました。医科系専門予備校で、授業も課題もまじめに取り組み、自分ではがんばったつもりでした。でも、結果にはつながりませんでした。今から思うと、「言われたことはやっている」という程度で「こなした」だけだったのだと思います。力がついてるという実感もなく、かといって何が足りないのかもわからない…という1年間でした。

1年目とは対照的に、ベルグではまず、僕の得意不得意を分析して、対策を考えてくださいました。懇切丁寧に弱点を指摘され、それをクリアするためのビジョンを示してもらい、「今、自分がどういう段階か、いつまでに何をすればいいか」を常に意識することになりました。

僕は現役時代から英語がとにかくネックで、入試までになんとかしなきゃ、という焦りが大きかったのですが、山本先生に「英語の理屈」を教えてもらって、必要と言われたことを繰り返し繰り返しやりました。夏を過ぎた頃から急激に伸びて、自分でも英語は得意科目だと言える自信を持つことができるようになりました。

途中、10月ごろ、一時期成績が下がったことがありました。「何がいけないのか」「慢心しているんじゃないか」と、先生と話して、基本に戻って巻き返すことができました。

医科系の専門予備校はたくさんありますが、結局正しい指導を受けないと伸びないんです。第1志望の昭和大学医学部に合格できたのは、ベルグの先生が実力を把握して、受かるために何が必要か見極めて、正しく導いてくれたからだと思います。
里見 寧彦さん(広島大学 工学部卒)
杏林大学医学部、東海大学医学部、日本大学医学部 合格
僕の場合は、主に英語の山本先生に個別指導で大変お世話になりました。

僕は、大卒後、社会人経験もある再受験生ということもあり、私立医学部の一次試験合格までは到達したものの、二次の面接試験に合格するまで大変苦労しましたが、山本先生は最後まで見捨てずに親身で応援してくれました。

難関の医学部受験を長く続けてきた人には、講義や参考書から多くの知識を得て自分なりの解法スタイル、テクニックを確立してきている人もいると思いますが、山本先生は、そのような本人のスタイルを尊重した上で、医学部入試に通用するように上手くメンテナンスして伸ばしてくれました。

知識は出来るだけ体系的にまとめた上で、簡略化して頭に入れたほうが試験本番で役に立ちます。

山本先生は、一見暗記科目のように見える英語においても、最小限の暗記量で高得点が確保できるように、知識を覚えやすい形で整理して解説したうえで、論理的かつ最速で解答に至る解法プロセスを説明します。

また、先生は英語以外の教科の総合的な学習相談もでき、面接対策のアドバイスも非常に的確なので安心できました。

このように、ベルグの個別指導は学習のペースメーカーや精神面でのモチベーション維持にも効果的です。

医学部合格まで、親身でサポートしてくれる講師陣と学習環境がベルグには全て備わっていると思いますのでみなさんも、ベルグで合格を勝ち取ってください。
佐藤 友作さん(作新学院高校卒)
岩手医科大学歯学部合格
私は推薦で岩手医科大学歯学部に現役合格することが出来ました。

ベルグには高校2年から通っていて、高校の勉強に関してとても力になってくれました。

特に英語が苦手で、自分一人で勉強するのはとても苦労していました。

でも、ベルグの完全な個人指導という環境で勉強することで集中して勉強することができ、着実に力をついている自分を理解できました。

また、推薦での面接や小論文も相談にのってくれたので試験での不安はあまりありませんでした。

医歯薬系の大学を受けようと思っている人は一度ベルグに行ってみることをおすすめします。
敦賀 礼さん(成蹊高校卒)
東京医科大学合格
親身で凄い授業
 医学部受験の英語で誰もが不安に感じることが、単語や基礎知識として、医学的知識がどの程度必要なのかという点だと思います。山本先生は、実際の過去問などを通してどこまで必要なのか的確に教えてくれました。また、山本先生が用意してくれた長文を二人で読む中で、ちょっといい話に二人で涙ぐんでしまったこともありました。山本先生はそんな温かい先生でもあります。英語に不安のある人は、ぜひ一度先生の授業を受けてみてください。

医学部受験の理科では二つの意味での「早く」がキーワードになってくると思います。

一つは、多くの受験生が解ける問題は早く解くということです。それによって合否を分ける問題に時間をかけられるのです。もう一つは、理科にかける勉強自体を早く済ませるということです。医学部受験において、理科で点を取るのは必須条件であり、その上で英語や数学でどれだけ周りと差をつけられるかが合否を分けます。つまり、少ない勉強時間で理科を仕上げて、どれだけ英語や数学に時間を回せるかがカギになるのです。

この二つの「早く」を兼ね備えているのが河崎先生の授業です。河崎先生の授業の凄さは一度受ければ必ずわかります。皆さんもその凄さを経験してみてください。
渡辺 裕子さん(東京都立小石川高校卒)
杏林大学医学部合格
自分に合った場所を探して
 高校3年間は、部活に明け暮れる日々。医学部を目指しているなんて恥ずかしくて言えないくらい勉強をしていなかった私が、医学部に合格することができたのは、先生方の情熱にあふれたご指導のおかげです。

1年目は、大手予備校の医学部コースに通っていました。まったく知識も無い、さらに意志の弱い私には、1対大勢の授業形式が合わず、結局、夏まで通って、それ以降は自宅で勉強していました。案の定、結果は不合格。

それから私は、自分にあった勉強ができる場所を探し、現在の先生方に出会いました。

私は英語が大の苦手でした。そんな私に山本先生は、「毎日、英文を読み問題を解くことが重要だ」と、1日1題試験形式の英文を用意してくださいました。問題を解いては解説をしてもらう。その毎日の繰り返しで、最終的に英語は私の武器になりました。

私は合格するまでに、3年という長い時間を要してしまいました。しかし、それでも諦めないで頑張ってこられたのは、家族はもちろんのこと、時には友達のように相談に乗ってくださり、時には自分の親のように叱咤激励してくださった先生方がいたからでした。心からの感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。
川原 敬祐さん(成蹊高校卒業)
聖マリアンナ医科大学・
獨協医科大学合格
確実に力がつく!
 高野先生と河崎先生に理科をお世話になりました。僕は受験勉強を始めた頃は、理科がとても苦手でした。しかし、二人の授業を受けていくに従い、徐々に成績が伸びていきました。理科ではとにかく反復して問題を解くということを教えられたので、一度解いた問題は二度と忘れないというレベルまで持っていく事ができました。

数学は百川先生にお世話になりました。百川先生の問題はかなり難しかったので、数学が苦手な僕には結構厳しかったのですが、数をこなすことで慣れる事ができました。また、大学ごとの対策もしっかりしていたので、やっているうちに自信がつきました。

皆さんも先生方の授業を体験してみてください!確実に力がつく事は間違いないです。
Copyright (c) Ishiyaku Berg All Right Reserved